特商法が定められている目的を知る必要性

特商法とは何なのか

最近ではインターネットの普及もあり通販サイトで商品を仕入れ、オークションなどで買い手を探せるようになりました。
せどりは電脳せどりが中心になり、スマホでも取引ができスキマ時間で稼げるようになって便利です。
商品を仕入れるときは特商法の表記があればルールを守っていることが分かり、安心して利用できるようになります。

特商法は販売者が違法行為をしないよう共通のルールが定められ、消費者トラブルを起こさないよう法律で決められていて違反すると処罰されるため注意が必要です。
最近では海外の通販サイトで国内よりも安価で商品が販売され、詐欺が発生しやすくて問題になっています。
特商法はこのような行為を防ぐために世界各国で定められ、日本語対応でありメールや電話で問い合わせができるように決めると安心です。

どのような目的で取り決められているのか

せどりや転売ビジネスはサラリーマンや主婦の副業としても有名ですが、ルールを守らないと信用を失うことになります。
このルールが特商法になり販売者が消費者に対して分かりやすく説明し、トラブルを起こさないと約束をすればリピーターを増やせて効果的です。

通販サイトはネット上の取引になりお互いの顔が見れないため、不正行為も起きやすく抑制するため特商法が定められています。
不正行為は写真や説明文で紹介した内容とまったく異なる商品を販売したり不良品を送りつけることなどがあり、せどりや転売ビジネスをする際に相手に渡れば信用を失うため注意が必要です。
特商法は特定商取引に関する法律を意味し、電子商取引をするために守るべき最低限のルールになります。

トラブルが起きないようにしよう

仕入れや売却をするときはトラブルが起きると適切な対応が求められ、精神的に苦痛になり絶対に避けたいものです。
特商法は詐欺を防ぐために定められているため、お互いに内容を理解しルールを守って取引をすると安心できます。

特商法による表記は仕入先のホームページ上で紹介されていますが、なければ会社概要やサポートの内容を確かめて決めることが大事です。

トラブルが起きる場面は人それぞれですが、仕入れる際にいつの間にか偽物の商品があり買い手がそのまま受け取ってしまうことがあります。
せどりや転売ビジネスは詐欺が発生しやすく、事前に発売元の企業をきちんと確かめて利用することが大事です。

また、商品を仕入れると買い手を探す前に確かめ、問題なく利用できる状態でなければ仕入先に対応してもらわないといけません。